皆さんが置かれている状況というのがどんなものかは人それぞれになるかもしれません。自分では我慢の限界だと思っていても、他人から見れば「そんな事で」と言われることもあるでしょうし、逆に「早く離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)した方がいい」と周りの人たちから言われても離婚しない女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)もいます。離婚には精神的なストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)や色々な手続きなどが必要になりますから、心身ともに疲れ果ててしまう人も多いかもしれません。また、子供がいた場合などは、暴力や金銭的な問題など、子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)にも大きな影響を与えてしまうような事情がなければ可能な限り両親揃っていた方がいいと言うのは、おそらく誰もが共通認識(その時によって変化することも少なくありません)として持っていることと思います。離婚要因としては人それぞれで色々あるでしょうが、一番多いのは「性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)の不一致」なんです。性格(環境によっても変化しますが、先天的なものが大きいと考えられています)の不一致といってもその内容は千差万別でしょうし、離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)に至る細かな多くの事象を一言にまとめるために「性格(人や動物の性質を表わす言葉です)の不一致」といった言葉が都合良く使われているだけかもしれません。離婚(一度成立した婚姻を解消することです)は意地だけで突っ走るものではないんですし、もし迷っているのなら、「離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)はいつでも可能な」と考慮してみるのはどうでしょう?一旦離婚してしまったら再び元の生活に戻すのは困難なものですが、離婚はその気になればいつでも出来るものです。特にお子さんがいる場合には、小さなお子さんは両親が別々になるといったことだけでも大変寂しい思いをしますし、思春期(第二反抗期でもあり、親が対応に困ることも少なくありません)のお子さんの場合だったらもっと複雑に物事を考えます。離婚はいよいよどうしようもない時の最後の手段として、じっくりと考える必要があるでしょうー